06935.jpg
02.png
01.png
07.png

MODEL CASE

01

宿泊施設

NIPPONIA美濃商家町
旧松久邸

旧松久邸は美濃市内の、うだつの町並みの中に佇んでいる。

町に溶け込む旅館として機能しているが、そこにも高瀬建設の技術が関連している。

外観はあえてそのままの姿を活かし、客室やインショップなどを主に改装し作られた旅館。

それも、高瀬建設が大切にする「 新しき⇆古き 」のテーマに合わせた古民家再生の技術の一つである。

BEFOR

7432.jpg
7752.jpg
F4270.jpg

AFTER

BEFOR

2610.jpg
2789.jpg
2548.jpg

MODEL CASE

02

シェアオフィス

WASITA MINO

WASITA MINOは元々解体をするような朽ち果てた建物であった。

それが今では、昔ながらの長屋のイメージを残しつつ商業施設としての外観に変化した。

街中にあるこの施設の改装は、地域住民の理解があって円滑な工事が行われた。

かつての人の暮らしから、現代では商業スペースとして人が集まるようになった。

この歴史もまた一つ、高瀬建設が作ったと言っても過言ではない。

AFTER

MODEL CASE

03

宿泊施設

NIPPONIA美濃商家町  旧須田邸

水運の拠点だった川湊(かわみなと)と、町をつなぐ街道沿いに旧須田邸は佇んでいる。

旧松久邸と同様に、外観はそのままの姿をあえて残してはいるが、基礎や瓦などの建物としての機能をもたらす箇所はしっかりと手を加え改装をした。

その絶妙なデザインも、高瀬建設の豊富な経験があるからこそできる技術である。

BEFOR

9785.jpg
9502.jpg
9781.jpg

AFTER

DSC06624.jpg
06.png






髙瀬建設はこれまで、数多くの古民家再生を手掛けてきました。

髙瀬建設の古民家再生は、職人の技術と技法それぞれが調和し、古きものを活かす補強や、古きものを新しきものへと生まれ変わらせる技術が詰まっています。

技法

01

DSCF3755.JPG

特殊な技法

家屋をそのまま持ち上げて移動させたり、回転させる「曳家」。

古民家再生に必要な特殊な技術を持ち合わせています。

技法

02

HP宣材0029.jpg

匠の大工

家づくりからも培った技術を持つ、特殊な技法を扱うことができる大工が高瀬建設には揃っています。

技法

03

HP宣材0041.jpg

実績と経験

重要文化財や築100年以上の建物など、大小関わらず、数々の実績をこなしてきました。

技術の根拠でもあるその経験が、実績として数多く残っています。

会社概要

INFO

会社名

髙瀬建設株式会社

設立年月日

昭和54年6月 髙瀬建築
平成4年12月 髙瀬建設株式会社

所在地

髙瀬建設株式会社

代表者

代表取締役社長 髙瀬寿一

TEL

0575-33-2622(代)

FAX

0575-35-2448

資本金

2,000万円

営業種目

​・木造住宅・店舗の建設

・鉄骨、RC造の住宅・店舗の建設

・増築、改築工事

・リフォーム(内装、外装)工事

・耐震補強工事

上記に伴う設計、施工管理業務

保有資格

・1級建築施工管理技士 3名

・2級建築施工管理技士 1名

・1級大工技能士 1名/

・2級建築士 2名

許可免許

建築業許可 岐阜県知事許可(特-29)第14965号
許可業種 建築、とび・土工、塗装、防水、解体工事業